「親知らず」を抜歯してきた!しつこい歯茎の炎症から抜け出すことができて一安心

ども、オキです。

先日、「親知らず」を抜歯しました。あれはもう「工事」ですね。もう経験したくないです。(まだ一本潜んでやがる)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

親知らずを抜歯することになった

親知らず・親不知(おやしらず)とは、ヒトの歯の一種。「智歯」「知恵歯」「第3大臼歯」、歯科用語では「8番」(前から8番目の歯)とも呼ばれる。おおむね10代後半から20代前半に生えてくる。全ての人が4本生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わない場合もあるほか、おおむね4人に1人の割合で全く生えてこない人もいる。
親知らず – Wikipedia

親知らずは人により生えてくるタイミングが違い、中には生えてこない方もいます。私は、20代に入った頃に生えてきて、そのまま放置していました。

奥歯のさらに奥に生えるため、歯磨きが行き届かず、虫歯や炎症を引き起こすことがあります。

私は、たまに炎症を起こし痛みました。治ったと思ったら、また炎症、を繰り返していました。

その炎症や虫歯がひどくなった時に、抜歯(歯を抜く)することで原因(親知らず)を根本から取り除くのです。

中には、「綺麗に生えそろっていてそのままだよ」という方もいます。親知らずがなにも悪さをしない場合もありますね。そのため「生えると抜かなければいけない」というものでは無いようです。

悩まれている方は、歯医者にまずは相談を。

そろそろ、炎症ループから抜け出したいと思い、行きつけの歯医者に相談したところ、親知らずを抜くこととなりました。

「上下にある2本の親知らず、一度に抜くことになったよ…辛い。」

「チャットモンチーの『親知らず』って知ってる?懐かしいね!」

「よく聴いたけど、今はイイや…」

すぐ抜歯をして貰えなかった

抜歯をすることになり、その場で抜歯されるかと思っていました。

ですが、炎症が治ってからじゃないといけない、とのことで1週間後に再度行くことに。

この一週間、自分の中で「親知らず」がホットワードです。色々な人に体験談を聞くわけですよ。

ただただ恐怖が積み重なっただけです。

抜歯前の手術説明が怖い

恐怖を抱きながら、一週間を迎えました。

抜歯の前に、手術内容の説明をしてくれました。ざっくりまとめると。

  1. 親知らず周辺の局所麻酔の説明
  2. 歯茎を切らないといけない場合がある
  3. 抜歯後の痛みの説明
  4. 上の親知らず抜歯後、上顎洞という空洞と繋がる可能性がある

この説明を処置台の上で聞き、恐怖がさらに高まりました。

4つ目とか意味が分かりませんでした。怖すぎる。

結果からいうと、繋がりませんでした。

一応、手術に当たるらしく、同意書に署名を行い、いざ抜歯へ。

いざ抜歯!思ったより早く終わった

局所麻酔を2本(上下)して、いざ抜歯。

今回は、歯茎を切る必要はなく、まっすぐ抜くだけで処置が完了するとのこと。

まずは、下の歯から抜いていきました。麻酔をしているので痛みは感じませんでした。ガリガリと触られているなーという程度ですね。

事前に聞いていた「抜歯音(ミシミシ)」と、ペンチのような抜歯道具が歯に当たるときの音が一緒になって超怖い。

グリグリ、ガリガリ、ギジギジ、ミシミシ。

 

下の歯は、時間にすると、3分ほどで抜けました。(グリグリ動かしている時間)

最後抜く瞬間は顎が持っていかれるかと思うほど、引っ張られた。顎がずれる感じを覚えました。

何が一番苦しかったかと言うと、歯を抜いた後に出てくる粘性の強い唾液が喉に詰まることでした。これは私だけでしょうか。

続いて上の歯を。

先生曰く、

「上の歯は、比較的簡単に抜けますからね〜」

「・・・(意味がわからん)」

ところが実際に、上の歯は1分も経たないうちに抜けました。どういう理屈か知りませんが、先生の言う通りでした。

上下二本でしたが、処置は10分も掛からなかったです。思ったより早く終わりホッと一安心。

抜歯直後は出血との勝負

上下抜き終わったあとは、ガーゼで抑えて出血が止まるのをひたすら待たないといけません。

私の場合は、大きな出血が2時間ほど止まりませんでした。そのあとは、唾液に滲む程度でした。

歯茎を切り、縫合している人はもっと出血があるかもしれませんね…。

ちなみに、抜歯後は「歯磨き」や「過度なうがい」を控えるように、と注意されました。

口の中は血液や唾液でスッキリしませんが、我慢しなくちゃいけません。うがいをするときは、「口に含んで吐き出す程度」だそうです。

1日経過すれば、傷口に触れない程度で歯磨きをしても良いとのこと。

抜歯後の生活

抜歯後の痛みはそこまでありませんでしたが、かなり生活が制限されました。

  1. お酒禁止
  2. 運動禁止
  3. お風呂禁止
  4. 歯磨き禁止
  5. 吸う動作禁止

先生からは上記のことをやらないで下さい、と言われました。

また、「冷やす行為は治りを遅くするのでやめてください」と言われました。

1〜3は、血行がよくなり、出血するからだそうです。4、5は、これが原因で傷口が広がる可能性があるそうです。

個人的に、辛かったことは「食事」です。

  • 大きく口が開けられない
  • 硬いものは食べづらい(食べられなかった)
  • ご飯など「粒」は、抜歯後に入るから怖い

抜歯後1〜2日は「柔らかい」「液状」のものを食べていました。固形物はなかなか食べられなかった。

初期の頃に、フルーチェを食べていたんですが、いちごの種が入ってしまって辛かったです。

「粒」がある食べ物は神経質になり、楽しく食べられなかったです。

オススメの食事

初期の頃は、思い通りに食事が取れないと思います。基本は、柔らかい食べ物がオススメです。

プリン

柔らかいのど定番。プリンは超食べやすいです。コンビニで速攻買って食べてました。

杏仁豆腐

好みが別れると思いますが、プリン同様、柔らかくて食べやすい。牛乳とちょっとした調理で、簡単に作ることができます。プリンに飽きたので。

フルーチェ

液状で食べやすい。プリンより優秀なのは、一度にたくさんの量を摂取できるので満腹になれる。朝食に食べていました。ただし、イチゴ味は粒があるので注意!

いちごが一番美味しいよね。

卵豆腐

個人的に最強。前述の三点は「甘い」んですが、卵豆腐はおかずとしてばくばく食べられる。会社でも、お昼として食べていました(笑)

ウイダーinゼリー

柔らかいものだけでは十分なエネルギーが確保できないので、貴重なエネルギー源、ウィダーinゼリー。

吸う行為はあまり良くないので、押し出すことを意識して食べました。

柔らかい食べ物を買い集めましたが、実際のところ2日目くらいから、ある程度の固形物は食べることができました。

固形物をしっかり噛んで食べられることの幸せを感じています。

固形物美味しい!

おわり

初めて、親知らずを抜歯してきました。

費用は、3,000円ほどでした。過去に奥さんが歯茎の一部を切り、抜歯した際は、6,000円ほどかかったようです。

これに薬代金が上乗せされるので、地味に痛い出費。

縫合していませんし、頬も晴れませんでした。痛みもそこまでありませんので、比較的あっさり抜くことができました。

ですが、もう二度と経験したくありません。抜歯をする行為も嫌ですが、その後の生活が制限されることがもっと辛かったです。

今もなお、穴がふさがっていないので、安心はできない。1週間後に病院に行き見てもらうようになっています。

これで、炎症のループから抜け出せると思うと嬉しい。

あ〜、早くがっつり、焼肉が食べたい!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする